ある「時間差」が生み出す1分換算300~400円に相当する現金収益

タイムリーオンキャッシュ

タイムリーオンキャッシュ



同僚の一人が見つけ出してきたあるウェブシステムがありました。



それはその新興市場に密接するある国内システムであり、

そのシステムを目にした際のわたしの率直な感想は

国内にもこのようなサービスがあったのだというものでした。



それ程そのシステムは国内でもまだ殆ど認知されていない

まったく新しい新興市場に向けてのウェブシステムだったのです。



そしてその過剰金を収益化していく際の最も現実的な案は

そのシステム内である時間差を作った上で、

その差によって生じていく収益を確保していくという方法であり、

このマーケットの特性上そこに時間差を生じさせる事で

必然的にその過剰金が収益化されると考えられたのです。



しかしそこには大きなハードルがあり、

それはそのとき間差がいつ生じるものかの判断が困難という点にありました。



ただその問題点は一人の同僚から放たれた一言によって

いとも簡単にクリアされてしまったのです。

TIME CASH

TIME CASH

「この時間差、もしかして意図的に起こせるんじゃないか…?」



そのとき間差を意図的に起こすという発想はまさに完全な盲点でした。



わたし達は自然に生じていく時間差のみに囚われ、

それを意図的に作り出すというような考えは一切持てていなかったのです。



「そもそもこれは国内の●●を指標にしてるシステムなんだから

 もう1つの●●●●システムで1日10分くらいの時間差は作れるはずだし

 1秒当たりの収益はせいぜい5~6円単位だろうけど

 それでも1分当たり日本円で300~400円くらいにはなるだろ。」



それはまさにこの方法がほぼ確立されたに等しい瞬間でした。




そしてわたし達はそのとき間差を作り出せるもう1つのシステムを見つけ出すと共に

実際にそれらのシステムを連続的に起動させ、

意図的にそのとき間差を作り出す事で

遂にその過剰金をそれに伴う時間差収益として獲得していく事に成功したのでした。

即金ビジネス

その上で今現在も同様の時間差を意図的に生み出しながら

その市場における過剰金を収益化し

一定の時間差収益として獲得し続けているのです。

タイムリーオンキャッシュ

タイムリーオンキャッシュ

タイムリーオンキャッシュ

タイムオンキャッシュ

ただ実際にわたし達が行っている事はあくまでも2つのシステムのみを利用し、

それらを連続的に起動させ意図的な時間差を作り出したというだけで、

それ以外の行程は一切踏んでいません。



誰に何の商品を売るわけでも無ければ紹介するわけでも無く

あくまでもそれらのシステムを対象に

必要な起動作業を行っていったに過ぎないのです。



したがって文頭でお伝えしたようにこの方法で得ていく収益は

そのとき間差のみがそのまま収入へと直結しているため、

誰に何を販売するわけでも紹介するわけでも無く、

あくまでも完全に自己完結出来る行程のみから

2つのシステムを起動させていった上で

そこに一定の時間差を作り出しているに過ぎません。

タイムオンキャッシュ

ある「時間差」が生み出す1分換算300~400円に相当する現金収益

某外資系銀行員が教えるある新興市場を利用した時間差収益獲得法


その流れの中においても第3者が何かを購入したり

何かに申し込んだりという不確定な要素は一切存在しないため

確実な収入を着実に稼ぎ出していくことができているのです。


>>更に詳しい内容はこちらから